またパクリ!相葉雅紀主演「貴族探偵」にフジ制作スタッフはシラケムード。一方、芸能界全体でジャニーズ支援の動きも… - 芸能スクープ、今旬ナビ!!



スポンサーリンク

またパクリ!相葉雅紀主演「貴族探偵」にフジ制作スタッフはシラケムード。一方、芸能界全体でジャニーズ支援の動きも…

4月から始まる相葉雅紀さん主演の月9ドラマ「貴族探偵」がヤバイことになっているといいます。すでにフジテレビの制作スタッフもシラケムードなようで、始まる前から爆死確定と言われています。
ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料!! DM便 ARASHI嵐 公式生写真 (相葉雅紀)AA00039
価格:820円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)


ここ最近はワースト視聴率しか話題にならないフジ月9枠。

しかし、今回はジャニーズの“至宝”とも言える嵐メンバーのドラマだけに、無様な結果は許されません。

そのため、脇を固めるキャスト陣も武井咲さんや井川遥さん、中山美穂さん、仲間由紀恵さんといった主演女優クラスに加え、生瀬勝久さん、滝藤賢一、松重豊さんといったベテラン俳優陣を揃え、万全の体制。

しかも、3月1日から初回放送日まで数十パターンの番宣を放送するという気合の入れよう。

SMAPを解散に追い込んだことで崩壊寸前となってしまったジャニーズ事務所の“決死の覚悟”が伝わってくる内容となっているのですが…

※原作ファンからはブーイングも。
貴族探偵 (集英社文庫) -
貴族探偵
[関連商品]

[以下引用]
「同ドラマは、麻耶雄嵩氏の本格推理小説『貴族探偵』と、続編の『貴族探偵対女探偵』が原作。相葉が演じるのは、趣味で探偵をしている貴族だが、自分では何ひとつ捜査も推理もしない。自分が事件関係者の女性たちを口説いている間に、執事やメイド、運転手たちに推理をさせ、最後に事件を解決するというおいしい部分だけを持っていく設定。月9枠なのに恋愛要素がないことでも、注目を浴びています」(テレビ誌ライター)

同ドラマのプロデューサーは「『貴族探偵』は、今まで見たことのない新鮮な面白さが詰まったドラマ」と胸を張るが、スタッフたちはどうにもモヤモヤした気持ちを抱えているという。

“今まで見たことがない作品”どころか、むしろ昨年10月期のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』や、11年放送の『謎解きはディナーのあとで』にそっくりすぎでしょう。視聴者も“どこかで見たな”と既視感を持つはず。ストーリーやあらすじも、あらかた想像がつくでしょうし、正直不安しかありませんよ」(フジテレビ関係者)

『IQ246』では、織田裕二演じる貴族の末裔がひとりで事件を解決するが、「貴族」という設定はまったく同じ。一方の『謎解き』も、財閥令嬢で刑事のお嬢様らの推理はほぼ当たらず、執事役の嵐・櫻井翔が代わりに事件を解決するという話。確かに、『貴族探偵』の設定と似通っている。

「『絶対に負けられない』と鼻息を荒くしていたフジの上層部に向かって、若手社員が『織田さんと櫻井さんのドラマを足して割ったような話ですよね』とKY発言をしてしまった。誰もが思っていたことなんですが、“タブー”に触れてしまったことで、その場の空気は一変。シーンと静まり返りました。いずれにせよ、合格点は視聴率15%。万が一、10%割れとなれば、さすがに月9ドラマの撤廃が検討されるはず。そうなったら、おそらくは制作費があまりかからない情報番組になるでしょうね。スタッフもそれがわかっているため、“本当にこんなパクリみたいなドラマに命運を懸けるの?”と、シラけた空気になっているというわけです」(前同)
[日刊サイゾー]

パクリといえば、今やフジテレビの十八番みたいなもの。

「貴族探偵」は原作付きのドラマですが、まるでパクリのようなストーリーを選んでしまったこと自体、フジテレビの現状を表しているのでは?

だいたいが主人公を貴族やお金持ちに限定せず「変わり者」という括りにするとまったくもって変わり映えしないですし、実際昨年はフジテレビでも玉木宏さん主演『キャリア』が似たような話だったと思うのですが、それでも選んでしまうんですね。

フジテレビ凋落の全内幕 [ 中川一徳 ] - 楽天ブックス
フジテレビ凋落の全内幕
[関連商品]

ただ、この豪華キャスト陣が実現した背景には、ジャニーズ事務所だけではなく芸能界全体の危機感が関係しているとも。

そして、元SMAPの独立組4人にとっては、この“相葉ドラマ”が思わぬ形で追い風になっているようです。

[以下引用]
「“芸能界のドン”と呼ばれる大手事務所社長、ほか芸能プロダクションの重鎮らが中居らの独立に働きかけているというのです。解散騒動はジャニーズのイメージダウンだけでなく、芸能界全体にも大きな影響を及ぼしました。これ以上ファン、さらに世間を敵に回すことはできない」(芸能プロ関係者)

とはいえ、すんなりと4人の独立を認めるわけにもいかない。こんな“見返り”が用意されたという。

「『貴族探偵』に主演する嵐の相葉雅紀は、低迷する月9の“救世主”として期待されるが、主役1人ではどうにもならない。そこで、中山美穂、仲間由紀恵、武井咲、井川遥、松重豊ら主役級豪華キャストがズラリとそろいました。この裏には“芸能界全体からジャニーズ事務所へのメッセージ”が込められているのだとか。名だたる各大手芸能事務所がジャニーズドラマに有無を言わせずに協力する。“4人をスムーズに退社させてやってくれ”と、いわば“貸し”がつけられたとも」(芸能プロ幹部)

嵐を育てたJ副社長は、フジテレビの亀山千広社長とも親しい仲。今後の月9、そしてジャニーズ復権のためには、悪くはない条件だろう。
[週刊女性PRIME]

ということですが、7月期の月9では山下智久さんの「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」が放送されることが決まっています。

こちらには、「逃げるは恥だが役に立つ」で再ブレークを果たした新垣結衣さんも出演しますし、今では山下さんより格上の共演者が数多く“応援”に駆け付けるといいます。

※さらに10月にはあの超大物も月9に登場!
 マジ?→ ranking reading
 マジ?→ reading ranking

それらのことも、もしかすると「ジャニーズ援護」「中居独立支援」に関係しているのかもしれませんが…

いずれにせよ、ドラマの視聴率は期待出来なさそうな感じがするのですが、気のせいでしょうか?

ありがとう! SMAP (別冊宝島 2533) -
ありがとう! SMAP
[関連商品]

※ジャニーズのニュースはこちら
ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ
【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

ひらめきここまで読んで頂きありがとうございます。
HOME_BUTTON.jpg HOME_BUTTON.jpg
この記事へのコメント
中山美穂、仲間由紀恵、武井咲、井川遥、松重豊 これで豪華かな 人気の若手イケメンは出てないし 中山さん仲間さんなんて どうでもいいような 
Posted by at 2017年03月15日 13:38

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは承認制です。すべて拝見しておりますが、管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。

厳選おすすめニュース
今旬ナビ!!新着記事
(03/22)キャバクラまで経営していた!山本裕典の副業の規模がデカすぎる。契約違反と言われるのも無理はない
(03/22)業界人が衝撃暴露!「扱いづらい、鼻につく女優」2名!性格が悪いと言われる理由は…
(03/21)山本裕典が解雇!理由は薬物、または女性問題か…原因をめぐりネット騒然
(03/21)不倫ベッド写真流出の牧野結美が報道番組のキャスターに!前任者は不倫で降板したのになぜ?の声
(03/20)榮倉奈々、解雇の危機!勝手な結婚・妊娠に研音がブチ切れ
(03/20)山崎夕貴が生田竜聖をロックオン!離婚協議中の秋元優里には濃厚スキンシップ写真疑惑が浮上…
(03/19)明石家さんまが木村拓哉の小ささをアピール!「同業者にされて一番イヤなのは…」
(03/19)新垣結衣が干される!『逃げ恥』大ヒットで引く手あまたのはずが、逆に敬遠される事態に
(03/18)工藤静香のチグハグファッション、菅野美穂は年齢不詳過ぎ…芸能人のオフショット
(03/18)ダメ押し画像が流出!キスマイ横尾渉と彼女が浴衣でイチャイチャ親密ツーショットで大炎上!!
(03/17)「味噌汁に酢」のみならず「カレーに酢」!相変わらずマナーが悪い前田敦子。味覚障害の疑いも
(03/17)持ち直したはずが実物は…業界人が暴露!劣化の激しい女性芸能人
(03/16)「真面目」の仮面が剥がれた小山慶一郎。相次ぐスキャンダル流出でキャスター生命ピンチか
(03/16)悲惨!観月ありさはフジに見捨てられている!勝負を放棄し歴代ワーストを覚悟されていた
(03/15)まさかの四股疑惑まで浮上!熱愛報道で中居正広のネガキャン開始か
(03/15)またパクリ!相葉雅紀主演「貴族探偵」にフジ制作スタッフはシラケムード。一方、芸能界全体でジャニーズ支援の動きも…
(03/14)三大「あざとい」若手女優!広瀬すず、miwa、そしてもう一人…
(03/14)新垣結衣が精神崩壊で芸能界引退の大ピンチ!所属事務所レプロの“メディア支配力”維持のためにフル稼働必至!
(03/13)「櫻井翔脱退」の真実味
(03/13)プライドを捨てた福山雅治、映画『三度目の殺人』で結婚に至るまでの戦略ミスを取り戻せるか
美容
審査甘い